Medley Developer Blog

株式会社メドレーのエンジニア・デザイナーによるブログです

JAWS DAYS 2019にメドレーがランチサポーターとして協賛しました

こんにちは。開発本部エンジニアの平木です。

去る2019/02/23(土)に開催されたJAWS-UG(AWS User Group – Japan)主催の全国規模での交流イベントであるJAWS DAYS 2019にメドレーが‌ランチサポーターとして協賛させていただきましたので、当日の様子などをお伝えしていきます。

f:id:medley_inc:20190228122657j:plain

会場の様子

自分はこちらのイベントに初参加だったのですが、来場者数がかなり多い!ということに圧倒されました。会場のTOC五反田メッセはイベント会場としては大分広い方でしたが、セッションの合間などでは移動するのも中々大変な位でした。日本全国からAWSユーザが集まるイベントの規模の大きさが伺えました。

f:id:medley_inc:20190228122724j:plain

公式発表で1,900人の来場だったということで、歴史があるユーザグループの凄さを実感しました。このため、大体のセッションも満席か立ち見が出ているのが印象的でした。

f:id:medley_inc:20190228122752j:plain

セッションもバラエティに富んだラインナップで見たいものが若干カブってしまっていた位で、大変有意義なものでした。

またこちらは、アマゾンウェブサービスジャパン株式会社さんが後援しているイベントということで、JAWS-UG公式Twitterに負けず劣らず、アマゾンウェブサービス公式Twitterでイベントの様子をTweetしていたのは、さすがだなと思わされました。

メドレーのスポンサー活動

さて、そんな活気に包まれていたJAWS DAYS 2019での弊社のスポンサーとしての取り組みについてですが、今回は‌ランチサポーターとして協賛させていただきました

企業サポーターブース

まずは企業サポーターブースで弊社のエンジニア・デザイナー採用パンフレットと、ノベルティとしてロゴ入りの絆創膏を設置させてもらいました!この絆創膏ですが、十分な数かと思っていたのですが、おかげさまで朝にセッティングしたところお昼までには無くなってしまいました。もっと持っていけば良かったと反省しています。

f:id:medley_inc:20190228122821j:plain

パンフレットを置かせていただいていたのは、会場内で2番目くらいに大きい場所でしたがこちらも各サポーター企業さんのブースや同人誌即売コーナーなどで人が溢れんばかりでした。

f:id:medley_inc:20190228122855j:plain

f:id:medley_inc:20190228122904j:plain

ランチセッション

そして、ランチサポーターとしてランチセッションで弊社の田中がAWSマネージドサービスをフル活用して医療系システムを構築・運用するためのノウハウと題したセッションでお話させていただきました。

f:id:medley_inc:20190228123004j:plain

メドレーで運営しているサービスであるCLINICSカルテをAWSを使って、国で定められたガイドラインにきちんと準拠しながら構築・運用するために今まで行なったことを中心に、AWSの各サービスをどのように使っているか?というお話をさせていただきました。

f:id:medley_inc:20190228123035j:plain

詳細としては

  • 医療情報システムを構成する際に準拠しなければならない3省3ガイドラインの抜粋
  • CLINICSカルテでガイドラインがシステム構成に影響を与えた部分
    • 日本国内法の適用が及ぶ場所へのシステムの設置
    • ユーザである医療機関の使用するアプリ側でTLSクライアント認証を実施
    • ユーザアカウント毎の権限管理と各種操作ログの管理
  • AWS東京リージョンへの移行や、システム構成をAWSの各サービス(ECSfargateNLBなど)を使いながらTLSクライアントに対応していった話 セキュリティを強固にするためにAWSサービス群をどのように使用しているかの話

といった内容の発表でした。 来場していただいた方々の関心も高いようで、写真を撮りながら聞いていただいて大変ありがたかったです。セッションが終了したあとも参加していただいた方々に個別に話を聞きに来ていただいたりと、情報交換という意味でも大変有意義なセッションとなりました。

f:id:medley_inc:20190228123114j:plain
セッションが終わって一安心した田中

最後に

イベントを運営していただいたスタッフの方々、そして参加者の皆さまありがとうございました!

メドレーではこの他にもエンジニア・デザイナー向けのイベントのスポンサーを積極的にしております。スポンサーを募集しているイベント主催者の方などいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせいただければと思います。