株式会社メドレーDeveloper Portal

2017-07-13

WebPushAPI を用いたブラウザでのプッシュ通知開発 〜メドレー TechLunch〜

開発本部の宮内です。

先日、社内勉強会「TechLunch」にて WebPushAPI についての発表を行いましたので、その紹介をさせていただきたいと思います。

WebPushAPI とは?

一般的にプロダクトにおいて、スマートフォンアプリのような「プッシュ通知」を導入しようと思った場合、いままでは専用のアプリケーションを開発する必要がありました。

しかし、プッシュ通知に関するAPIW3Cで標準化が進み(まだドラフト状態とはいえ)、Google Chromeのバージョン 42、Mozilla Firefoxのバージョン 44 に、WebPushAPI が導入され、元来ある Web アプリケーションに簡単にプッシュ通知を取り込むことが可能になりました。 詳しくは ウェブアプリへのプッシュ通知の追加 Using the Push APIや、WEB+DB PRESS Vol.97 などを読むとより理解が深まるので興味ある方はぜひ読んでみてください。

TechLunch でやったこと

TechLunch では、自分が実際に実装した WebPushAPI のサンプルコードを元に、動作を示しながら挙動を開発本部の全員で追っていきました。

speakerdeck.com

具体的な手順などもスライドにありますが、公開したものだけだとちょっと分かりにくいかもですね。ごめんなさい。

もっと詳しく聞きたいなって人がいたら、気軽にここらへんにある「話を聞きに行きたい」ボタンを押下してみてください。

お知らせ

メドレーでは、医師たちがつくるオンライン医療事典「MEDLEY」、オンライン診療アプリ「CLINICS」、医療介護の求人サイト「ジョブメドレー」、口コミで探せる介護施設の検索サイト「介護のほんね」などのプロダクトを提供しています。これらのサービスの拡大を受けて、その成長を支えるエンジニア・デザイナーを募集しています。

メドレーで一緒に医療体験を変えるプロダクト作りに関わりたい方のご連絡お待ちしております。

www.medley.jpwww.medley.jp

株式会社メドレーDeveloper Portal

© Medley Developer Portal